松葉ガニとは実はズワイガニのことで、水揚げされる地域やサイズによって、その呼び方の種類が異なります。
また同じズワイガニでもオスとメスとでは、そのサイズもまったく異なり、扱い自体もまったく違ってきます。
なぜ松葉ガニと呼ばれるようになったかというと、いろいろないわれがあります。
ズワイガニはタラバガニに比べると、しなやかで細い足をしています。
その足の見た目が松の葉によく似ていることから、松葉ガニと呼ばれるようになったのです。
またズワイガニの実を冷水につけると、ふわっと広がり、その様が松の葉に似ていることから、呼ばれるようになったとも言われています。
日本海で水揚げされるズワイガニを一般的に松葉ガニと呼びますが、その呼び方の種類も様々です。
そこで呼び方の種類をご紹介します。
まず越前ガニとは、福井県で水揚げされたズワイガニをさします。
越前ガニは水揚げされる期間が11月から3月ごろまでと決まっているので、それ以外の時期に販売されているものは、冷凍ものや水槽で生かされているものなので、サイズが小さかったり、やせ細っているものが多く見られます。
加能ガニとは、石川県沖で水揚げされたズワイガニです。
産地により、このように名前が変わります。
食べ比べてみるのもよいでしょう。

image-01

テレビで見かけるズワイガニ、松葉ガニ、セコガニの違いは?

「ズワイガニ」「松葉ガニ」そして、最近テレビで聞くようになった「セコガニ」この3つの違いは何にあるのでしょうか?実はこの3つは、種類的には同じズワイガニの種類です。
では、いったい何が違うのか?種類は同じですが、とれた「産地」によって、その呼び名が変わります。
松葉ガニは、京都・兵庫・鳥取・島根の山陰地方でとれる「オス」のズワイガニのことをいいます。
この松葉ガニも、地域により別のブランド名がついていますが、どれも濃厚で質が高く上品で美味しいと評されています。
値段は、活きた松葉ガニ一杯で、18,000円前後。
一般的なズワイガニに比べ、2~5倍も差があります。
そして、水揚げされた一部の漁港で、足が揃っているなどの品質を示すタグがつけられ、さらにブランドの価値で、高級品として扱われています。
「産地」「味」「値段」の違いがわかったところで、さて、セコガニとの違いを比べてみましょう。
セコガニとは、松葉ガニの「メス」ガニのことです。
このセコガニも、地域によって別の呼び名で呼ばれることがあります。
大きさはオスと比べてだいぶ小さいですが、味も濃厚でオスにはない内子と外子と呼ばれる卵を抱え、オスにはない味わいがあります。
値段も数百円から。
場合によって、箱単位で数千円で売られています。

image-02

松葉ガニのおいしい蒸し方・ゆで方・焼き方

松葉ガニの蒸し方・ゆで方・焼き方ですが、まずは調理前に下ごしらえが必要です。
まずは、松葉ガニをたわしなどを使って全身をこすり洗いしましょう。
足や関節の隙間に泥がついている場合は念入りに洗います。
腹部の三角形のフンドシと呼ばれる部分には糞が入っているので、こぼれないように丁寧に折り取りましょう。
左右の足を持ち、胴体を真ん中から折って甲羅から外し、甲羅の口の部分も取り除きます。
これで松葉ガニ調理の準備ができました。
蒸し方は、丸ごと入る大きなサイズの蒸し器を用意し、お湯を沸騰させます。
蒸し器がない場合は大きめの鍋の中に皿を入れて代用しましょう。
蒸し方のコツとして、甲羅を下に向けて入れます。
蓋をして20~30分蒸しましょう。
ゆでるより味は濃くなります。
ゆで方は、鍋に1リットルごとに20グラムの塩を入れた水を沸騰させます。
カニを入れて浮いてきたら落とし蓋をして沈めましょう。
カニを入れてしばらくしたら再度沸騰するので、そこから中火で20分間。
ゆで方のコツとして、鍋からあげたら冷水に2~3分つけると身がふんわりとします。
焼き方は、カニの足の殻の上の部分を包丁でそぎ取ります。
炭と網の組み合わせでの焼き方がベストですが、ホットプレートかフライパンにアルミホイルを敷いて焼いてもおいしいです。

image-03

食べ方に関する鍋のレシピ

松葉ガニはとても美味しい食材なので、食べ方は何でも大丈夫ですが、寒い季節になれば何と言っても鍋が一番で、様々なレシピがありますが、その中でもおすすめはシンプルなものとなります。
松葉ガニ自体がいい味をしていますから、普通の食べ方としては、塩ゆででいただくのが最もポピュラーなものと言えます。
本来の味を堪能するものとしては、群を抜いている食べ方と言えます。
でも、寒い季節となると、料亭とか割烹などであればともかくとして、一般家庭では鍋にして味わうのがだいご味となるはずです。
鍋に関しては様々なレシピが紹介されていますから、そちらを参考にするとバラエティに富んだ味を楽しめることになりますが、松葉ガニの本来の味にこだわるレシピとなれば、味付けはあまり濃すぎない方がいいということは間違いありません。
昆布やいりこなどでとった出汁に、季節のお野菜と一緒に煮込んだものがすごいご馳走になります。
お好みにもよりますが、つけタレは、ポン酢がマッチします。
大人の人であれば、お酒を程よくたらすのも結構いけます。
間違っても、つけタレを濃すぎないようにすることです。
地方によっては、カボスなどの柑橘類を絞ることもありますが、程よくしておかないと松葉ガニを泣かしてしまうことになります。

image-04

冷凍の松葉ガニの保存方法にこだわって風味を守る

冷凍状態の松葉ガニの保存方法を間違えると、賞味期限が極端に短くなってしまうだけでなく、嫌な臭いが松葉ガニに付く事になりかねません。
もし冷凍状態のカニを解凍するのであれば、なるべく食べる分だけを自然解凍して、残った分はきっちりと密閉しておくようにしてください。
どれぐらい食べる事になるのか分からないからと、松葉ガニを自然解凍する際に、丸ごと解凍しようとする人も中にはいます。
しかし解凍するたびに雑菌が身の中に入り込んで、臭いが染み付く事になりかねないので、食べる量を事前に決めておく事を忘れないようにしましょう。
そして袋の中に松葉ガニを入れて冷凍する際には、ハサミなどが袋とこすれてしまい、袋が破れないように注意をしてください。
自然解凍をする際に時間をかけすぎると、見た目が黒く変色してしまう場合もありますが、それは冷凍保存の方法が間違っていたわけではありません。
料理をする30分ほど前に自然解凍をするように意識すると、綺麗な色を保ったまま調理をできるようになります。
正しい冷凍保存の方法を実践するだけで、2週間から3週間は保存しておく事が可能ですから、松葉ガニが送られてきても急いで食べきる必要はないです。

image-05

カニを通販で取り寄せることもできます

松葉ガニについてがっつりと解説していきましたが、カニについては現在、通販サイトを利用することで簡単にゲットできます。
さしあたり、有名なカニ通販サイトを紹介しているウェブサイトへのリンクを貼っておきます。
とりあえず見てみても損はないと思います。

蟹の通販サイト:かに本舗の通販の評判